大切な家族だから大切にしたい!ペット火葬に関するお役立ち情報をくわしく紹介

最近はペット火葬を行う人が増加傾向にあるので、需要の拡大に伴いペット火葬業者の数も多くなっています。ペット火葬は飼い主の家族全員が喪主になる、ペットの供養や冥福を祈るもので業者を選ぶときには経験が豊富なところを利用することが大切です。施設環境は選択する際にとても重要な要素で、お別れ室・待合室・炉前ホール・斎場など人間のお葬式のときに利用する施設と同じような機能が揃っているところを使うことで満足できるペットのお葬式ができます。

ペット火葬が可能なペットの種類とは?

大切なペットが亡くなってしまった悲しみは計り知れないものがありますし、しばらく放心状態になってしまうくらい強い喪失感を感じてしまう方も少なくありません。 しかし、亡骸を手元にずっと置いておくこともできないのが現実なので、最後までしっかりと見送ってあげるためにもペット火葬に依頼して埋葬してもらってみてはいかがでしょうか。 ただし、初めてペット火葬を利用する場合、火葬が可能な動物の種類についてしっかりと把握しておくことが非常に大切になってきます。 そこで、ペット火葬で受付を行っている主な動物の種類について詳しく調べてみたところ、ペットとして代表的な存在と言える犬や猫はもちろんのこと、ウサギ・フェレット・モルモット・ハムスター・鳥などが対象であることが分かりました。 また、豚や馬、牛やヤギなどは都道府県知事の許可が下りている死亡獣畜取扱場でのみ火葬することが許されていますが、許可が下りないとペット霊園に埋葬することはできないので注意が必要になります。

宗派にとらわれないペット火葬の基本的な流れ

犬や猫、フェレット、うさぎなどのペットは大切な家族の一員なので、亡くなった時は大きなショックを受けてしまいます。 ペット火葬の専門業者に依頼して、火葬をして荼毘に付してあげたい人が多いのではないでしょうか。 口コミやレビューでも評価の高いペット火葬の専門業者は、人間のお葬式に比べると宗派にとらわれないため、自由な形式で行えるのが良い点です。 火葬炉が付いている自動車を手配しますが、煙やダイオキシンなどが発生しないため、近隣に迷惑を掛ける心配はありません。 火葬の流れはスタッフが心を込めて供養を行い、家族に立ち会ってもらい、火葬炉に火をつけて荼毘に付してくれます。 生前に使用していた衣類、おもちゃ、ペットフード、お花などを入れて上げると良いでしょう。 火葬が終わったら骨壺に遺骨を納めて、手渡しをしてくれるため安心して依頼できます。 大切な家族が亡くなった時はペットロスになる人が多いですが、心を込めて供養をすることが大事です。

ペット火葬で利用可能な移動火葬車とは?

ペットは人間と比較して小さいことが多く、ペット火葬を行う際の炉はコンパクトなもので済ませることが可能です。そのため、トラックやミニバンなどに積載することが可能となり、専門業者の中には移動火葬者を用意しているサービスも増えています。火葬場は郊外に立地していることが多く訪問するのが難しい場合がありますが、それでも亡くなられたペットのことを考えるとご遺体が良い状態の間に済ませたいところです。そんな方のために登場したサービスが、移動火葬者を使用したペット火葬です。指定した場所に訪問しその場でペット火葬が実施されるので、お仕事が忙しい方や火葬場から遠方に住んでいる方でも早期にペット火葬を済ませることができます。完了した後は骨壺に入れてもらえるので、そのままお部屋に持ち込んで荼毘に付されたり、お葬式を省略する場合にはすぐに仏壇に設置して供養することも可能です。大切な家族であったペットが亡くなられたからこそ、しっかりと行いたいプロセスです。

ペット火葬では合同葬になるおそれもある

ペット火葬といっても一種類ではなく数種類存在しているため、希望する形でちゃんと火葬をしたいと希望している場合には、どのような方法が利用できるのか事前に詳しく調べておくことが非常に大切になってきます。 特に、基本的に合同葬しか取り扱っていないところは注意するようにしましょう。ペット火葬においての合同葬は人間にものとは少し違っており、一度の火葬で他の遺体も一緒に焼いていくかたちになってしまうため、残った骨が混じってしまってお骨を貰うことができないことが多いからです。 また、合祀墓として骨を納骨することになるので、自分だけのペット専用のお墓を用意することができなくなり、区別できないまま埋葬されることになるので何とも空しい気持ちになってしまう方が非常に沢山いらっしゃいます。 こうしたことがないようにしていくためには、できるだけ個別火葬をしてくれて埋葬も一匹ずつ行ってくれるところを選ぶようにしていくことが大切になるでしょう。

ペット火葬をするまでに必要なご遺体の対応

ペット火葬をするまでに、ペットの遺体をきれいにしてあげましょう。
新しいものを用意せずに、生前に使っていたブラシやタオルなどを使用しても問題ありません。
ペットが愛用していたものを使ってあげれば、より安心できるはずです。
時間の経過とともに遺体の状態が悪くなってしまうので、なるべく早めに冷暗所に移動させることをおすすめします。
まずは直射日光が当たらない部屋に棺を用意します。
下にペットシートを敷いたら、新聞紙やタオルといった吸水性の良いものを重ねます。
これは体液が漏れ出たときに周囲が汚れないようにするために行います。
死後硬直する前に手足を丸めて安置します。
既に死後硬直が始まっている場合は、無理に体勢を変える必要はありません。
腹部を中心にタオルでくるんだ保冷剤を置いて、ペットを冷やしてください。
気温が高い場合やペット火葬までに時間がかかる場合は、ドライアイスで冷やすのが良いでしょう。
最後に生前好きだったものやお花などで周りを飾ってあげます。

ペット火葬では遺骨の返却方法をしっかり確認しておくこと

ペット火葬をするにあたっては、あらかじめ遺骨の返却方法についてもしっかりと確認をしておくのがよいでしょう。
これにもいろいろな種類があって、個別に火葬をせずに他のペットといっしょに火葬をするスタイルの場合があります。
このようなケースでは当然ですが遺骨は他のペットと混じり合ってしまい、あとから特定することができません。
その結果として火葬後は合葬墓に一括して埋葬されることになります。
逆に個別にペット火葬をするスタイルであれば、あとで葬儀社から骨壷に入れられた状態でもとの飼い主に返還されるのが通例です。
その後はペット霊園などにお墓を購入しも個別に埋葬することができます。
またもとの飼い主も葬儀に参列し、骨上げまでを行うスタイルのこともあります。
この場合は後で返還というよりも、当日にみずから骨壷に入れて持ち帰ることになりますので、同様に個別の埋葬が可能です。
一般に合葬形式のほうが費用的に安価となっています。

ペット火葬で法外な費用を請求されないための対策

火葬サービスを選ぶ際には、複数のプロバイダーの価格を比較しましょう。
法外な費用を請求されるのを防ぐためにも異なる業者が提供するサービス内容と費用を確認し、コストとのバランスを見つけるのが重要です。
火葬サービスの見積もりが不明瞭な場合、隠れた費用が発生する可能性があります。
見積もりに含まれる項目やサービスの詳細を確認し、追加費用がないことを確保しましょう。
火葬プロバイダーの評判や信頼性を調査することも重要です。
信頼性の高い業者は、適切な価格設定を行い、ペットの遺体を尊重して扱います。
契約書を詳細に読み、条件や支払いスケジュールを理解しましょう。
不明瞭な部分があれば質問し、明確にしておくことが重要です。
オンラインレビューや口コミを調べ、他の顧客の経験を知ることで、信頼性のあるプロバイダーを見つけるのに役立ちます。
ペットオーナー仲間や友人に、信頼性の高い火葬サービスを勧めてもらうことができます。
ペット火葬のための予算を設定し、その範囲内でサービスプロバイダーを選ぶことも重要なことです。
予算外の費用を避けるために、明確な予算を持つことが大切です。
ペット火葬において、法外な費用を回避するためには慎重なプロバイダー選択と契約書の確認が必要です。
ペットの最後の別れを尊重しながら、財政的な負担を最小限に抑えることを心がけましょう。

ペット火葬でよくある仏具販売の断り方

ペット火葬を実施した後はご遺骨の取り扱いを考えるところですが、依頼をした業者によっては直後に仏壇仏具の販売のセールスが行われることがあります。
しかし、購入する意思が無い場合は困ってしまう場合があります。
ペット火葬後のご遺骨はそのまま放置する訳にもいかず、何らかの方法で保管して供養するところですが、悲しみの中にあるところにさらに費用の捻出は躊躇するのはありがちです。
業者側も親切心でセールスをしていることもありますが、あまりにもしつこい場合には対応に困るところです。
そんな時の断り方には、毅然とした態度で話すのはもちろんのこと、理由を添えることで成功する確率を高めることが可能です。
例えば既に仏壇を所持している場合は新たに購入する必要が無いのはもちろんのこと、他に購入先が決まっていると伝えるのも良い方法です。
大切なペットが亡くなられてペット火葬を実施した直後に不要なもめごとを起こすことは避けたいことから、無難に乗り切りたいところです。

霊園までセットのペット火葬のメリット

ペットを飼っているなら死んだあとのことも考えておくと安心です。
ペットの供養については土葬と火葬に分けることが出来ますが、最近は火葬を行う人が増えています。
ペット火葬の場合は霊園に飼い主が遺体を運んで火葬してもらう方法と、自宅まで引き取りに来てもらう方法があります。
前者についてはペット専用の霊園もありますが、人間と同じ施設でペットも受け入れてくれるところが少なくありません。
この方法なら火葬後の遺骨を納骨堂や合同墓に入れることが出来るので、継承者のいない人も安心してペットを供養することが出来ます。
また、最近はペットと一緒に入れるお墓なども販売されているため、ペットを家族の一員と考えるなら専用施設での火葬を選ぶのも一つの方法だと言えます。
後者については、火葬設備を搭載した車に来てもらってペット火葬を行う場合と、専門業者が自宅まで遺体を引き取りに来た後、業者側が専門施設で火葬する方法があります。
この方法なら遺体を飼い主が運ばなくて住むので、近くに専用施設が無い方や車を持たない方も安心です。
火葬車については自宅近くの適切な場所で火葬を行うため、火葬に立ち会いたいけど近くに専用施設が無いという人に選ばれています。

ペット火葬で永代供養を検討するときの注意事項

ペットとの別れは家族の一員ですから決して忘れることができません。
愛するペットの遺体をどう扱うかは、飼い主さんにとって大きな決断で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
ペットの永代供養を考えるときには、注意が必要です。
例えば、合同火葬では、ペットの遺骨を持ち帰ることができないため供養場所を確保することが難しいからです。
合同火葬を行う施設では、共同墓地や納骨堂などの永代供養サービスを提供している場合もありますが、施設が閉鎖されたり移転したりする可能性もあります。
そんなとき便利なのがペット火葬。
ペットの遺体を尊厳ある方法で処理し、遺骨を飼い主さんに返却するサービスです。
ペット火葬を行う施設では、個別火葬だけでなく、合同火葬でも供養のオプションを提供している場合があります。
自宅に持ち帰れば、いつでもペットに話しかけたり手を合わせたりすることができますし、お墓に持ち帰れば、家族や先祖と一緒に眠ることができるので都合が良いのです。
また、ペット火葬では、ペットの遺骨に対するさまざまなアフターサービスも提供されています。
例えば、ペットの遺骨をダイヤモンドに加工してくれたり、ペットの遺骨をオリジナルの墓石に納めてくれるサービスもあり買主の色々な思いをかなえてくれるので有益です。
もはやペット火葬は、ペットを愛する飼い主さんにとって必須ではないでしょうか。

ペット火葬で確認すべき契約書のポイント

契約書には提供されるサービスの詳細を含めることが大切です。
仕上げや塗装の要望や供花やアクセサリーの有無などのサービスの内容を明確に定義しましょう。
料金の情報を詳細に記載することが重要で、ペットのサイズや選択したペット火葬サービスや取り付け費用などの明確な説明も必要です。
支払いのスケジュールを記入したあとに、前払いが必要な場合や分割払いのオプションがある場合にそれを明示すべきです。
食器棚の取り付け日程や納期を記載する前には工事のスケジュールや完成予定日について合意が必要です。
保証に関する情報を含め、製品やサービスに対する保証がある場合、それを文書にしておきましょう。
責任の分担に関する規定を含めることも大切です。
トラブルや問題が生じた場合、どのような対処が行われるかを明確に示します。
法的事項を含め、契約の有効性を確保した後に、全ての当事者が契約に同意し、署名することで法的な拘束力を持つ契約が成立するのです。
契約書は重要な文書であり、ペット火葬サービスの取引において非常に重要です。
ポイントを確認し、条件に合意した後に署名することが大切です。

ペット火葬で失敗しないためには見学が重要

大切なペットが亡くなられた場合、ご遺体を放置すれば状態が悪くなるばかりで、できるだけ早くペット火葬をして手厚く供養したいところです。
しかし、悲しみと混乱の中で急いで契約をすることも多く、いざ始まってみたら思っていたのと違ったと言うケースも少なくありません。
特に個別にペット火葬や供養ができるケースもあれば、合同で火葬したり他のペットの魂と合祀がされる場合もあります。
これらはペットや飼い主さんのアイデンティティにも関わるものであり、依頼する業者やお寺の宗教や形式など事前にしっかりと確認したいところです。
大半のペット火葬では事前に見学を受け付けており、利用できる施設を見たり、執り行われる式典について知ることができます。
スタッフから詳しい説明を聞くことができ、疑問があればその場で質問して回答してもらうことも可能です。
大切なペット火葬だからこそ、ペットにとっても飼い主さんにとっても後悔のないようにして、心を込めて供養したいところです。

立ち会いペット火葬が安心できる理由

最愛の家族であるペットが亡くなり、葬儀や火葬で悩む人も少なくありません。
儀式をしてくれるならどこでもと考えてしまいがちですが、ペットを火葬するなら立ち会いすることが安心できる理由があります。
悲しみに浸る飼い主をターゲットにしているペット火葬の悪徳業者がいるからです。
インターネットで葬儀屋を見つけ、ここなら安心と思えるようなサイトになっていても、注意が必要です。
悪徳業者はペットを預かって火葬する場合、ゴミ捨て場に捨てて余っているお骨を渡したりと信じられないことをします。
何食わぬ顔をして普通に骨をすり替えてしまうので、ペット火葬は立ち会いするのが安心できるといえるでしょう。
火葬場でペットが火葬されるのを見届けてあげることが、飼い主やペットにとっても最善の方法です。
同行しても火葬してから高額を請求されることがあるので、葬儀屋を探すときはサイトだけでなく、業者の口コミなどを慎重に調べてから決めることが大事です。

ペット火葬の資格である動物葬祭ディレクターの役割

ペット葬儀もかなり一般的となりましたが、ペット葬儀はペット火葬という形で行われることがほとんどです。
ペット火葬をするには、国家資格などはありませんが、多くのペット葬儀社は動物葬祭ディレクターを取得しているといわれています。
これは、一般社団法人、日本動物葬儀霊園協会が提供する資格をもつペット葬儀社のスタッフのことを指し検定試験で取得可能です。
動物葬祭ディレクターは、ペット火葬の知識を身につけており動物愛護法の知識の管理など、ペットが亡くなったあとの手続きをしっかりサポートしてくれます。
ペット火葬については法整備が十分でなかったこともあり、臭いや煙、高額な料金請求など様々なトラブルが起きていました。
そこで、ペット葬儀社の信頼を回復するために動物葬祭ディレクターが作られたといわれています。
安心してペット葬儀を依頼できる葬儀社を選ぶ場合は、動物葬祭ディレクターが在籍しているかどうかもチェックしておきたいところです。

東村山 ペット火葬に関する情報サイト
ペット火葬の基礎知識

このサイトは、ペット火葬に関するお役立ち情報を幅広く詳しくご紹介しています。ペットもお葬式することでしっかり供養できる、飼い主としての役割を果たせるなど考える人が多くなっています。ここでは、自宅で火葬してはいけない理由や業者を選ぶときの注意点などのお役立ち情報をご紹介してますので参考にされると良いでしょう。最近は合同火葬や個別、立ち合いなどの中から選べる業者も多くなっているので、これらの違いや特徴などについて把握しておくことをおすすめします。

Search